fc2ブログ

ROOM 105

2009年10月5日に誕生した長男トゥーゴ。トゥーゴの成長を中心に、大好きな旅行やのんきな日常を綴っています☆

試練

人生楽ありゃ苦もあるさ。

今回は妊娠&出産についての苦の部分について触れたいと思います。
あまり楽しい話題でないことを書くのでお見苦しい点が多々あると思います。
ご興味のない方や苦手な方はスルーしてください
まず、ブログ上で出産まで公表しなかったことをお詫びいたします。
みなさんの観察眼に脱帽ですが。

隠すようにブログを書いていることや、ブログでお世話になっている方々の中にも
第二子を出産されたり妊娠された方がいらっしゃって、参考になるお話や共感できるお話を
伺いながらも黙って騙すようにコメントしたりすることに心苦しさを覚え、
言いたくなったり言うべきかと悩んだりすることも多々ありました。
しかし、実は今回の第二子は二人目の二人目なのです。

というのも、一昨年の11月(トゥーゴ1歳1ヶ月の時)に妊娠が発覚しました。
結婚2周年にして結婚式を挙げた頃です。
お腹の子と一緒に家族4人で結婚式が挙げられると、とても嬉しくてブログにもすぐ書きたくなりました。
が、一応安定期に入ってから?なんて軽く思っていました。
とはいえそれほど心配していなかったので、結婚式でスピーチ代わりに家族には
第二子の妊娠を報告してしまったのです。
しかし12月に入ってすぐに出血があり、病院に行くと7週なのに赤ちゃんが確認できず
そのまま流産してしまいました。
妊娠し、無事に出産できることがどれだけ奇跡的なことかを改めて感じました。

そしてまた自分達が辛かったのはもちろんのこと、安易に公表してしまったため家族に心配をかけ
悲しい思いをさせてしまったことが申し訳なく思われました。
そのため、今回の妊娠はトゥーゴの時以上に不安を感じながらの妊婦生活となりましたし、
無事に出産するまでブログで公表するのが怖かったというのが正直なところです。
今まで黙っていたことをお許し頂ければと思います。
もちろん、それぞれの家族や身近な友人達には協力を仰がなければならないため
ある程度安定期に入った時点で公表しましたが。


トゥーゴにとっての試練もありました。
その際の妊娠でトゥーゴは減乳、流産後の処置による子宮収縮剤等の薬の服用によって卒乳しました。
トゥーゴがオッパイを欲しがって泣いたりしなくて本当に助かりました。
私はできるだけ長く母乳をあげたかった方なので、あげたいのにあげられなくて
しかもトゥーゴに泣かれていたら本当に辛かったと思います。

また、私の通っていた病院では上の子がいると、妊婦にうつっては大変だということで
おたふくかぜと水疱瘡の予防接種を上の子にさせることを推奨されました。
自然にかかって一生ものの抗体を得てもいいかなと思っていたのですが、これによって予防接種を追加しました。
まぁ、どうせ打つことになっていたのでよかったのですけど。


とまぁ、こんな試練を乗り越えて再び第二子を授かったわけです。
パパとトゥーゴの存在に支えられ、乗り越えられた試練だったと思います。
なにより順調にいけば7月に出産予定だった子を流産してしまいましたが、
その7月に妊娠した時には同じ子が私たちのもとにまた授かった気がして、運命を感じました。
無事に生まれてきてくれた命、なによりも大切にしていきたいです。




様々なご意見・ご感想があるかと思いますが、私自身が全てを受け止めきれる自信がないため
誠に勝手ながら、この記事へのコメントの受付は控えさせていただきたいと思います。
スポンサーサイト



Last Modified :